MENU

マンションの土地と建物の名義人が違う場合でも売れますか?

 

マンション売却Q&A、二問目はマンションの名義人が違う場合ついての質問になります。

 

土地と建物の名義人が違う場合でも売れますか?

大家族

最近、不動産の相続の問題が多いです。

2世帯住宅を建てて建物と土地の名義が違うことはよくあることです。
元々、父親名義の土地に成人した息子家族が一緒に住む場合、住宅ローンを息子の名前で組み建物を建てます。
その場合、父親が金銭的な援助をしない場合は息子が単独の名義人になります。
もしその際に父親が資金援助をしていればその分が父親の持ち分になり共有名義になります。

 

仮に3000万円の建物を建てる場合、
息子が2000万円のローンを組み残りを父親が1000万円出すと持ち分比率が2対1になります。
息子が3000万円全て出すと建物は息子の持ち分になります。

 

ここからが本題です。仮に父親が亡くなった場合、母親と息子で土地を相続することになります。
その際、マンション売却の話が出た場合、母親と息子が同意すれば土地と建物の売却は可能です。
つまり両方の名義人が同意すれば売却することは出来るのです。ただし名義人の数が多くなるほど困難になります。
それぞれの人間に考え方、経済的問題があるため話をまとめることは困難を極めます。
相続する場合は名義人がきちんと遺言書を用いて後のことを考え揉め事のないようにする必要があります。これはいつの時代も同じです。